飛騨市に長くずっと住み続けてほしい!そのための「飛騨市のくらしのサポート」について紹介します。

特に初めての赤ちゃんの時は不安ですよね。そんな時も飛騨市は安心サポート。

出産のイメージ
出産
全ては母子健康手帳の
交付から始まります
母子健康手帳は、お母さんの妊娠・出産の経過や、お子さんの成長を記入する、大切な手帳です。妊娠したら、まずは母子健康手帳をもらいます。母子手帳をもらうと、保健師さんから妊娠中のすごし方や、栄養士さんから食生活についてアドバイスがもらえます。また、妊娠中に受けられるいろんなサービスについて教えてもらえます。
詳細はこちら
手厚い妊婦
一般健康診査費の補助
安心して赤ちゃんを産むために、検診を定期的に受けましょう。飛騨市では、母子手帳をもらう時に、健診費の補助が受けられる受診票をもらえます。また、飛騨市だけでなく富山市とも協力をしているので、心配はいりません。また、通院費の助成もあります。
そして妊娠中の歯科検診、妊婦の1ヶ月健診、新生児の聴覚検査にも補助があります。他の地域から来た方は、充実ぶりにおどろかれます。
詳細はこちら
マイホームタウンひだ4コマまんが「子育て中のママも安心」
妊婦さんと保健師さんのコミュニケーションはかなり密。都会にはない温かいサービス(風習?)なのです。だから3歳児検診の受診率も100%を継続しているのでしょう。
保健師さんがおうちに来て
相談にのってくれます
飛騨市では頼りになる保健師さんが妊娠8ヶ月後と出産後におうちにたずねてきてくれます。心配なことは気軽にお聞きください。
詳細はこちら
母乳での子育てで
悩んだ時には、
育児相談費助成制度を!
赤ちゃんが生まれたら、母乳でスクスク育てたいという方も多いでしょう。もしも悩んだ時には、気軽に母乳育児相談へ。費用の補助ももちろんあります。 飛騨市では赤ちゃんができて生まれて、育っていくまで応援隊としてあたたかく見守ってくれます。
詳細はこちら
不妊治療も負担が少なく、
安心して受けられます
赤ちゃんがほしい。でもなかなかできないなーというご家族へのサポートもしています。
それは、「特定赴任治療費助成」「一般不妊治療費助成」など。
岐阜県としてもこの補助はありますが、飛騨市では、それに上乗せして補助をしています。また、よくある所得制限も、飛騨市ではありません。
あせらず、ゆっくり、費用をあまりかけずに、治療していくことができますよ。
詳細はこちら
妊婦のイメージ画像